訃報に思う

死別母子家庭
スポンサーリンク

喪中ハガキ

仕事を終え帰宅して真っ先にする事は、郵便受けのチェックです。

その中に喪中ハガキがあり、年末を感じつつ裏面を見て目を疑いました。

新卒で就職した会社で一緒だった先輩が、亡くなったという知らせだったのです。

毎日お昼を共にし、仕事終わりにご飯を食べに行ったり、休日に遊びに行ったりした、とてもお世話になった先輩。

退職後も当時のメンバーで集まっていました。

最近では年に一度のペースでしたが、9月に食事に行ったばかりでした。

痩せたとは思っていましたが食欲も普通にあり、元気だったのです。

夕飯の準備をしつつも、色々思い出してはショックで泣けてきました。




8年前

主人を亡くした時は、泣けませんでした。

闘病しており、おそらく徐々に覚悟ができていたのだと思います。

それに、しなければいけない事がありすぎて、また子供達も小さすぎて手がかかり、泣いている暇がなかったのです。

母が泣いていたら子供達も動揺するのではと思ったのも、泣けなかった理由でした。

また、休日も悲しみの闇に囚われたくなくて、あえて予定を入れまくりました。

無意識の内に、考える事を拒否していたような気がします。

望む人生

先輩の訃報を受けて考えた事は、自分は望む人生を送れているのかという事です。

実母も、先輩と同じ歳で亡くなりました。

両親に主人と身近な人を亡くして思ったのが、いつ寿命がつきるかわからないという事。

極力、できることを先延ばしにするのは止めようという事。

悔いが残らないように、やりたい事をしようという事。ハワイ行きたい〜

しかし子育て中で、やりたい事を優先できないんですよね。

これは、長生きするしかありませんよね。

行けるようになるまでに、頑張ってハワイ旅行費用を貯めようと思います。

にほんブログ村 株ブログ 主婦投資家へ
にほんブログ村

にほんブログ村 子育てブログ 死別シングル育児へ
にほんブログ村

ポチッと愛のクリックをお願いします❤️

にほんブログ村 株ブログ 主婦投資家へ

にほんブログ村

にほんブログ村 子育てブログ 死別シングル育児へ
にほんブログ村

稼ぐブログランキング

コメント

タイトルとURLをコピーしました