2000万円問題

死別母子家庭
スポンサーリンク

2000万円問題

今年の6月に話題となった2000万円問題は記憶に新しいでしょうが、どう思われましたか?

2004年の結婚当時、テレビの情報番組か主婦雑誌のどちらかで、3000万円問題が話題になっていました。

貯めなければいけない金額の多さに愕然として、長男を授かった後も育休を取らせてもらい、共働きを選択しました。

今思えば、その選択のおかげで死別し母子家庭となった我が家も、生活費に困ることにならなかったのです。

 

資産形成

生活費に困ることはないとはいえ、一般職の事務員。

男女の賃金格差もあり、余裕はありません。

むしろ足りないくらいで、遺族年金を頂いているお陰で助かっています。

そもそも3000万円問題対策として、つつましく生活をしてきました。単にケチ?

中小企業ですので、退職金も 大きい声では言えませんが雀の涙安い国産車一台分くらいです。

息子二人の教育費も、老後の生活費不足分も必要です。

銀行預金金利も0.01%~0.2と、これまた雀の涙。

金融庁の報告書にあったように、我が家にも資産形成が必要なのです。




 

資産運用

  • 信用金庫への出資金(当初4%、現在3%)
  • 外貨(米ドル…現在はしていません)
  • 国債(現在はしていません)
  • 社債(現在はしていません)
  • 投資信託

 

10万円の出資金で、配当でランチに一回行けるよ

定期預金より出資金の方がお得だよ

勤務先に出入りしていた営業マンの言葉。

忘れもしません。

お得という言葉、大好物ですから

これが私の投資との出会いです。

少額ずつですが、色々試してきました。

しかし、子育てと仕事と家事に追われ 単にズボラな性格、記録が全くありません。

損はせずに換金して良しとしていました。

我が家の資産を把握するためにも、モチベーションをアップさせるためにも、せっかくブログを始めるので、運用実績を記録に残そうと思います。

ポチッと愛のクリックをお願いします❤️

にほんブログ村 株ブログ 主婦投資家へ

にほんブログ村

にほんブログ村 子育てブログ 死別シングル育児へ
にほんブログ村

稼ぐブログランキング

コメント

タイトルとURLをコピーしました