重大な事件と、家族会議②

死別母子家庭
スポンサーリンク

重大な事件

昨日はブログ開設以来、初めてお休みしてしまいました。

もし更新されていないか覗いて下さった方がみえましたら、すみません。

またもや重大な事件がおき、とてもブログを書く心境ではありませんでした。

重大な事件を起こしたのは、ご察しの通り長男です。

また課金です。

カード会社から、不正利用の疑いの手紙が届き発覚しました。

数日で半端ない金額です。

長男の携帯から購入履歴を見ると、ゲームの課金履歴があがっています。

問いただすと、これは前にiTunesカードでの分が日付けが遅れてあがっていると言いました。

疑問に思いましたが、確証がありません。

その後、Appleに問い合わせしましたら、長男の名前で購入されていますと。

iTunesカードでというのは嘘だよね。

愕然としました。

筆者がお風呂に入っていたり、草取りをしたり、或いは寝ている時に財布からカード情報を盗み課金をしていたのです。

停止の為カード会社に電話した際、家族利用は不正利用ではありません、カード名義本人が厳重に管理することになっていますからと。

うーん、では家族を疑い肌身離さずカードを持ち歩けと?

悲しいですが、さすがに今は貴重品も風呂場の前まで持っていきます。

しかし本来ならしたくないことですし、家族間でそこまで厳重な管理をしている人いるのでしょうか。

話は戻りAppleに問い合わせした際、さらに詳しく調べてもらうために長男の本人確認が必要でした。

本人確認の為に電話に出るように部屋へ行き、伝えるも拒否します。

証拠があがりバレるのがまずいと思っているのでしょうか。

いやいや、もう長男の名前で購入したとわかってますよ。

さて、部屋に行った際に長男の携帯を奪いチェックすると、メールに課金の領収書が…。

確証です。

しかもクレジットだけでなく、携帯キャリアのおまとめ請求の領収書もありました。

後で調べたら、携帯キャリアで20歳未満は20,000円までのおまとめができるようです。

まだあったのか…やられました。

長男に携帯を持たせる際に、課金などお金のかかる事はしない約束でしたが、できないように設定しなかった筆者の落ち度でもあります。

しかし常識があれば、約束を守り親のお金で勝手に課金などしないはずです。

長男、完全にゲーム依存症…病気です。

ゲーム依存症について色々調べてみましたが、都会には専門の病院や入院プログラムを実施している病院があります。

しかし筆者の住んでいる県にはなく、近くて隣県です。

しかも、本人が認めて一緒に受診するということはないでしょう。







家族会議

筆者一人で抱えきれないので、速攻で義父母に連絡しました。

電話で概略を説明し、会ってじっくり対策を考えることになりました。

義兄も同席してくれ、厳しい対応をすべきだと話合いました。

  • 携帯を解約する。
  • 今後の進退を、期間を区切って長男に選択させる。(中退も仕方ない)

帰宅後、長男の部屋へ話しに行きました。

携帯を解約することを告げても、反論なしです。

自宅内ではWiFiが使えますから、たいして不便ではないのかもしれません。

かと言って自宅のWiFiは、次男の為にも切断は難しいですし。

ただ、次男の携帯も解約することにはなりました。

自身の携帯を解約されたら、次男の携帯を奪うことは目に見えていますので。

何も悪いことをしていない次男まで、巻き添えをくった形です。

その後、今後の進退を25日までに考えるように告げると、高校を辞めると即答。

即答するなんて、おそらく筆者への反発でしょう。

知人に、中卒でも仕事あるから紹介できると言ってもらっていましたので本人に伝えましたが、ええわと。

働く気ありません。

学校も行かず働きもせずでは駄目だよねと言うと、ゲーム動画配信のYouTuberになると。

そんなに甘くないよ、本田翼みたいな有名人ならチャンネル登録もしてもらえるだろうけどと伝えるも、プレイで見せたら良いと。

小学生ですか?

しかも今現在何もしていないのに、口だけじゃないの?と思います。

学校へ行くか、働きながらするように伝えるも、集中できないと。

あー言えばこう言う長男、拉致があきません。

本人がこのままでは気づかないと、高校を辞めてニートになる可能性もあります。

しかし、家族会議でそうするしかないとの結論に至りました。

留年しても高校へ戻るメンタルはないと思いますし、いつまでも欠席続きという訳にはいけませんので。

ニートだなんて…筆者ことごとく妥協しています。

一応、成人の18歳になったら家から出るように伝えましたが、冷暖房完備で食事が出てくるこんな快適な生活から自立する可能性、今の長男ではないでしょう。

最短で今年一年から数年、最長では筆者が生きている限り、ニートを養わないといけない可能性があります。

どこで育て方を間違えてしまったのかと言うと次男が、俺はちゃんと育っているから母の育て方のせいじゃないよと。

優しい次男がせめてもの救いです。

色々と覚悟するしかありません。

にほんブログ村 株ブログ 主婦投資家へ
にほんブログ村

にほんブログ村 子育てブログ 死別シングル育児へ
にほんブログ村


ポチッと愛のクリックをお願いします❤️

にほんブログ村 株ブログ 主婦投資家へ

にほんブログ村

にほんブログ村 子育てブログ 死別シングル育児へ
にほんブログ村


コメント

  1. kei より:

    ainaさん

    初めてコメントいたします。
    3週間程前にこちらのブログに出会い、少しの共通点があり毎日拝見していました。
    私は7年前に死別し、長年放置していたFX口座の運用を再開しました。放って置いてもスワップで若干ながら増えるので消極的投資でした。ainaさんの積極的投資を拝見し、株は手を出せないけど積極的に行こう、と思いました。

    最近のご長男の動向を読み、他人ではありますが、心配してます。次男さんの言葉には救われますね。
    私には成人した長男、長女、小学生の次男がいます。
    長男の時も長女の時も反抗期の時にはどこで育て方を間違ったのだろうか、と悩みました。しかし振り返れば二人同時に反抗することはなかったです。一方が反抗すれば他方が慰めてくれました。きっと本人も自分の言動が思い通りにならないんだろうな、とは感じます。あまり使いたくない流行り言葉ですが、ワンオペは辛い、キツいです。たとえ3度目でも次男の時は越えられるか、わかりません。

    ただ。今はainaさんのご長男が落ち着かれる事を祈ってます。

    • ainaaina より:

      kei様

      はじめまして、コメントありがとうございます。
      ただでさえワンオペの子育てで大変なのに、このような問題が起こるとは想像もできませんでした。
      寧ろ、一人親だから良い子に育つとの周りの慰めを間に受けて期待していただけに、ショックが大きいです。
      長い目で見て、反抗期大変だったよと笑って話せる日がくると良いのですが…今はただただ真っ暗なトンネルの中にで出口が見えない状況です。
      そんな中、一人親で反抗期を乗り越えてきたkeiさんの優しいお言葉、身に染みます。
      何とか少しでも良い方向に進めるように、頑張りたいと思います。
      ありがとうございました。

タイトルとURLをコピーしました